お越しのみなさんへ

お越しのみなさんへ当ウェブサイト管理人も40代の時に未経験で介護業界に転職しました。当初は尻込みしてしまいそうになりましたが、介護業界は40代の方が活躍しやすい状況にあり、自分と同じような人の役に立てるよう当ウェブサイトを運営しています。なおご意見やご質問などはこちらまでお寄せください。

面接で好印象を残すポイントを知ろう

転職活動の山場は面接

面接は転職活動における最後の山場と言っても過言ではなく、面接が成功するか否かで志望先からの採用を勝ち取れるかどうかが決まりますし、採用されて以降の勤務条件や配属なども決まります。ここで失敗してしまってはこれまでの努力が無駄になってしまいかねませんので、自分の持てる力を全て出し切るぞという気持ちで臨みましょう。
また面接で良い結果を出すためにはそもそも募集元はどうして面接をするのか、また面接ではどういった点を見たいと思っているのかを意識することが大切です。そもそも転職活動では必ずしも仕事ができる人や優秀な人が採用を勝ち取るわけではありません。なぜなら本当に優秀な人物かどうかは書類審査や1時間2時間の面接だけで分かるわけではないからです。だからこそ採用担当者が面接で見るポイントを理解して適切にアピールを行うことができれば、面接官との間に信頼関係が構築され採用につながるのです。

面接で好印象を残すポイントを知ろう

第一印象の整え方

では実際に面接で見られるポイントですが、最も重要なのは見た目の清潔感と第一印象です。そもそも介護の仕事はサービス業なので、不衛生な人物や他人に対して悪印象を与えてしまう人物はそれだけで採用候補から外れてしまうのです。またこうしたことが意識できない人物は多くの場合社会常識がないことも多いため、単純に面接官に嫌われてしまうというのもあります。
良い印象を持ってもらう為にも面接前日の夜か面接の日の朝に必ず入浴かシャワーを行い、衛生的な状態で面接に臨めるようにしましょう。もちろん歯磨きも大切ですし、爪や髪、それに鼻毛などが伸びていないかチェックすることも大切です。また人間の第一印象はどれだけ気持ちの良い挨拶をすることができるかで決まる部分が大きいので、元気よく聞きとりやすい声で挨拶をする練習もしておきましょう。

コミュニケーションのポイント

上記のような清潔感や第一印象をクリアできてやっと面接官は本格的な審査を行う気持ちになります。そしてここではどれだけ自分を優秀な人間に見せられるかではなく、どれだけ適切なコミュニケーションを行うことができるかに意識を向けると良いでしょう。そもそも介護の仕事で最も重要な能力はコミュニケーションであり、面接の場で適切なコミュニケーションが取れる人材はかなり高い確率で介護の現場で活躍できる人材でもあります。だからこそ面接官はコミュニケーション能力の有無をよく見ているのですが、コミュニケーション能力というのは自分にはコミュニケーション能力がありますと直接的にアピールしても相手に伝わりません。あくまでも相手に感じ取ってもらうことが大切であり、そのためには相手の話をよく聞いて質問に適切に答えることが大切です。

とりあえず読むならこの記事!