お越しのみなさんへ

お越しのみなさんへ当ウェブサイト管理人も40代の時に未経験で介護業界に転職しました。当初は尻込みしてしまいそうになりましたが、介護業界は40代の方が活躍しやすい状況にあり、自分と同じような人の役に立てるよう当ウェブサイトを運営しています。なおご意見やご質問などはこちらまでお寄せください。

40代未経験が活躍する介護の現場

40代未経験が活躍する介護の現場

今日本は少子高齢化のため介護職員が不足しており、他の業種からも介護業界に転職してきてくれる人を必要としています。一方働く人の視点で見たときに、他人の役に立ったり喜んでもらうことに喜びを感じる人にとって介護職はとても魅力的と言えるでしょう。また多くの業界の仕事は転職しようと思っても若さかそれなりの経験が必要になりますが、介護職に限っては経験がなくても良いですし40代でも転職可能です。

CATEGORY

  • 介護職への転職を本格的に考えていくにあたってまずは今の日本社会における介護職の現状をきちんと理解しておくと良いでしょう。介護職は高齢者や身体障害者の方など自力で生活が困難な方に対して身の回りの世話などを行う仕事ですが、少子高齢化によって高齢者が増加している日本ではまだまだ人数が足りておらず、新たに就業する人がとても求められている仕事です。現状のままでは2025年には38万人もの人材不足が生じてしまいかねません。

  • もちろん転職の選択肢は介護職に限定されませんが、40代の方にとって介護職への転職がおすすめできる理由がいくつかあります。まずほとんどの仕事は転職しようと思ったら若さとポテンシャルの両方か、その仕事での一定以上の経験が求められますが介護職はそうしたものが求められません。そのため一般的に転職の選択肢が少ないと言われる40代にとっても転職が容易なのです。また介護サービスを必要とする高齢者にとっても40代くらいの年代の人の方が接しやすく魅力的です。

  • 介護職に魅力を感じて実際に転職活動を行おうという場合の注意点についても見ていきましょう。40代の方でも介護職への転職は容易ですが、それでも条件の良い求人や自分の希望に適った求人を見つけ、その募集元から採用されるためにはそれなりの努力と工夫が必要です。まずは自分の転職をサポートしてくれる優秀な転職エージェントを見つけ、その転職エージェントと二人三脚で職務経歴書など応募書類の作成や面接の準備を行いましょう。

とりあえず読むならこの記事!